2019年
5月
30日
|
09:55
Europe/Paris

優れた耐久性、しかも超軽量

最先端のタイムピースのアーキテクト、シリアルイノベーターの異名を持つロジェ・デュブイは技術とデザインの限界に挑戦し続けることで知られます。既存のコードにとらわれない豊かな創造性、独創的かつ革新的なデザインとハイテクを駆使したタイムピースを、限界を打ち破り真の勇気と価値を求める人々にお届けしています。

カーボンのルール

2019年、ロジェ・デュブイはカーボンという大胆な素材を駆使することにより、時計づくりを新たな次元へと引き上げました。テクノロジーや芸術といった異分野からインスピレーションを得てデザインとテクノロジーの限界に挑戦するタイムピースのシリーズは、真に希少なオブジェの価値を知る人々にお届けするものです。ロジェ・デュブイR&Dのパイプラインから湧き出るアバンギャルドなウォッチの愛好家の皆様のご期待に応え、革新的な超軽量のエクスカリバー スパイダー カーボン3が登場しました。

 

堂々とした存在感

ロジェ・デュブイが初めて挑んだフルカーボン構造のタイムピース。エクスカリバー スパイダー カーボン3のケース、ブレスレット、そしてキャリバーはほぼ全て多層カーボンで製造されています。このような微細な構造でカーボンの素材的制約を乗り越え、さらなる軽量化を実現したことはメカニクス技術における大きな快挙です。軽く使いやすいエクスカリバー スパイダー カーボン3はわずか81グラム。ロジェ・デュブイの得意とするパラドックスは、このエクスカリバー スパイダー カーボン3の心臓部にオートオルロジュリーの熟練を示すヘビーなコンプリケーション、ロジェ・デュブイのシグネチャーであるスケルトン フライングトゥールビヨンを収めたことにあります。ロジェ・デュブイはこのトゥールビヨンの重要なアッパーケージもカーボン製としたことで、メゾンの熟練技術をさらに新たな高みに引き上げました。快適な着け心地で超軽量ながら堂々とした存在感のあるこのタイムピースは、世界市場で28本のブティック限定シリーズ。決して中途半端なことはしないロジェ・デュブイのエクスカリバー スパイダー カーボン3はジュネーブシール保有、そして交換可能なラバーテックのストラップとリューズを組み合わせています。

ロジェ・デュブイについて

ロジェ・デュブイ1995年の創業以来、現代の高級時計を代表する存在であり続けてきました。21世紀にしっかりと根ざしたその大胆なクリエーションは、力強く思い切ったデザインと調和する、高級時計のメカニズムに関する熟練を物語っています。大胆さと類い稀なる発想がブランドの特徴であり、固い信念がその原動力になっています。

ロジェ・デュブイの製品ラインであるエクスカリバーとベルベットは、独自の販売網とブティックを通して世界中で販売されています。卓越性の探究、じっくりと時間をかけて正しいあり方を追求すること、及び独自の技術の開発が、ジュネーブを本拠とするスイスのブランド、ロジェ・デュブイの基本的な姿勢を示しています。